松のデレマスブログ

乃々ちゃん、なつきち、志乃さんを応援するブログです。特に関係ないこともたまに書きます。

森久保乃々へと送りたい曲、vistlipより「アーティスト」

こんばんは!松です!

本日は「乃々に歌わせたい曲」ではなく、「乃々へとPから送りたい曲」として、この「アーティスト」という曲を紹介したいと思います。この曲を聞いていると、支えてきてくれた仲間や友達のことを思い出し、心が挫けなくなります。人気アニメ「遊戯王」シリーズのEDテーマだったこともありますよ。v系はあまり聞かないのですが、この曲はいい曲だと思います。

はてなブログJASRACと提携していないので、歌詞の一部を引用の形で伝えようと思います。それ以上はiTunesで試聴したり歌詞を検索したりして下さい。

まず森久保乃々とは…f:id:k6jyx835sl:20170526064331p:image彼女です!自信がなくネガティヴな性格ですが、だからこそ小さな勇気が輝きます!

 

では歌詞の引用に入ります。『』内が歌詞。

 

『君は自分の夢を「無理だ。」と笑う それを笑う事の出来ない僕は可笑しいかい?』

 

諦めたくなることは人間誰しもあるけれど、自分を応援してくれる人を思えば諦めも薄れるでしょう。

乃々は普段より弱音を吐きます。それも「むーりぃー」と諦めからかふざけたように。だけどそれを見守るこちらは、彼女の可能性を信じています。無理だと本気で諦めてしまえばその可能性も無くなるため、Pとして気が気じゃありません。

 

『僕の命在る限りは君の小さい小さい味方で居ることを』

 

サビの一節です。仲間が隣にいるということは、物理的なもの以上に力をくれます。ただ一人の為とあらばなおさらです。乃々のネガティヴは性格なので、況や味方がいるべきです。Pとしては、乃々に限らず担当にこう言えるようになりたいものですよね。

 

『相談した夜もその瞳の奥には答えがちらついてる 君はただ背中押して欲しいだけなんだろうなって』

 

このフレーズが私がこの記事を書こうと思った1番の理由です。最高にカッコイイフレーズですよね。相談したい、つまり不安があるということは未来の図があるということですので、その未来図に少しでも近づきたいと思いませんか?当然そう思いますよね!

乃々は臆病です。しかし、勇気がない人間はいません。臆病とされる人はただ、一歩踏み出すための勢いが足りないだけなのです。そのために背中を押してくれる仲間が大切であり、そして一歩踏み出せばその勇気は煌めき、憧れのステージに閃光がほとばしることでしょう!

 

引用はここまでとします。この曲はv系のクールさが頼もしい、心の支えになる曲ですので、試しに聞いてみて下さい。

 

この曲全体の感想としては、落ち込む時や限界を感じた時、隣で励ましてくれるような優しく、美しい曲だと思います。v系は聞き取りにくいと思っていましたが、こうしたタイアップ付きの曲は聞き取りやすい曲が多くて初めての人にいいなとも思います。

 

あとがき

歌詞の引用に関する著作権の情報を集めるのに苦労しました。好きなものやことについて書くのは苦労じゃないんですけどね、著作権はその書き物の礎ですから…

でも、引用について理解出来ました!カバー妄想の曲についても、個別記事にしてみていいかなと思ってます!

 

 

引用元 作詞:智 作曲:瑠伊 編曲:vistlip 

2013年 「vistlip SINGLE COLLECTION」の「アーティスト」より引用。

 

画像はバンダイナムコエンターテインメント様に帰属します。