松のデレマスブログ

乃々ちゃん、なつきち、志乃さんを応援しています。「ノーティギャルズ」も好きです。

一ノ瀬志希にゃんの「秘密のトワレ」、感想と考察です。

こんばんは。松です。

 

 

最近広告でよく見るから、デレマスのフォトパネル・フォトスタンドの情報を調べてみましたよ。木村夏樹ちゃんや森久保乃々ちゃんの綺麗なフォトが売っていました!

配送費的に、柊志乃さんのが発売されてから購入は考えたいです。840円は馬鹿になりませんから。

 

 

それでは、一ノ瀬志希にゃんの「秘密のトワレ」の感想および考察となります。

f:id:k6jyx835sl:20180422192340p:imageミスティカルなメロディが特徴のこの楽曲、フルになるとさらに奥深く、謎が謎を呼ぶ感じになりますよ。

セリフ?歌詞?に登場する「フェニルエチルアミン」は、恋に関わる脳内ホルモンだそうですね。

 

それにしても化学実験に瞳孔やトワレといったフレーズが重なると、ドレイズテスト(化粧品や化学物質の危険性調査のため、実験動物に点眼する試験)がイメージされますよ。

羽を奪い…や鎖といった実験動物を連想させるフレーズや実験するにあたり謝る描写があるあたり、この考察は間違っちゃないと思います。実験動物と化学実験への恋、両方を天秤にかけて化学実験を選んだといった具合でしょうか。

キミ(被検体)には、狂気の沙汰に見えるのも当然でしょう。

マッドサイエンティストな歌詞はケミカルなしきにゃんに当然合いますね。

 

ということで、「秘密のトワレ」感想でした。

しきにゃんの二曲目の「Proust Effect」にも期待ですね。

それにしてもMVのしきにゃんは、お目々がくりくりしてて可愛らしいです。

 

ご覧いただきありがとうございました。