松のデレマスブログ

乃々ちゃん、なつきち、志乃さんを応援しています。「ノーティギャルズ」も好きです。

映画「ドラゴンボール超 BROLY」の感想です!

こんばんは。松です。


↑サムネイル用です。画像はゲーム「DRAGON BALL Z DOKKAN BATTLE」より。

  遅ればせながら、映画「ドラゴンボール超 BROLY」を観に行きました!感想です。

キャラクター

  悟空やベジータはもちろん登場しますがやはり特徴的なのはタイトルにもある、ブロリーです!

  乱暴だった旧作映画を思わせるような背景がありつつも、心優しく穏やかな青年として描かれています。
  例えば、父であるパラガスの言いつけを守っていたり動物と友達になったり、口下手ながらレモやチライと打ち解けたりです。
パパっ子で野生児で口下手で…作品と性別が違えば完全に萌えキャラですね。

  その父親であるパラガスも特徴的です!

  旧作ではブロリーベジータ王への復讐の道具としか見ていませんでした。しかし今作では辺境の惑星バンパにブロリーが送られたと知るや急いで追いかけたり「お礼を言いなさい」とブロリーを諭したりと父親らしい一面が見られます!
  その父親らしい一面のおかげで、惑星バンパへ向かう宇宙船の道連れとなったビーツをブロリーの食料確保のため射殺したり、ブロリーを電流の制御装置でコントロールしているシーンの身勝手さが引き立ちます。

  そしてブロリーは覚醒!

  ブロリーは心優しい青年ですが戦闘にて覚醒するとブロリー自身でもコントロールが効かなくなるのです。超サイヤ人になった暁には悟空とベジータフュージョンした姿、ゴジータにも食い下がり破壊神ビルス以上とも評されていました!
  そして普段はおとなしいという無害さと戦闘での底知れぬ力から、悟空からは気に入られて和解エンドになるのですよ。

ストーリー

  始まり方:惑星ベジータの過去編から始まり、旧作のようにベジータ王にパラガス親子が迫害されるところから始まります。
  その後惑星バンパに不時着し、長い時を超えフリーザ軍のレモやチライに発見されます。一方その頃、フリーザは地球のドラゴンボールを狙っていて…

  コメディリリーフもシリアスも面白い良い映画です!
  フリーザがあのレッド総帥と同じく身長を伸ばしたがっていたり、一方でブロリーを覚醒させるべくパラガスを打ち殺したり…
  キャラやストーリーが全体的に鳥山テイストのギャグに染まりつつありますが、その中でもフリーザの残虐さは残され、それはむしろインパクトを与えてくれます。

  ラストシーンも良いです!ブロリーゴジータに対し負け確定になった所でチライに助けられる…というとしょぼく見えますが、悟空やベジータを倒し単体では最強クラスという実力を見せつけていて、悟空からも太鼓判を押されているのですから不足はありません!
  そして和解エンドですから、「神と神」のような続きの気になる終わり方となっています!

バトルシーンは圧巻の一言!

  CGのアクションムービーの上にセル画を重ねるという「神と神」から通ずる勢いのあるバトルシーンを楽しめます。
  戦闘中にチライが願いを叶えるシーンは戦闘と並行して行われていますが、願いを言う最中に バトルシーンを挟むことにより、願いを言う須臾の間にもこんな超速のすごいバトルをしているんだ!っていう印象を与えています!
  また、ブロリーが投げ飛ばすなど野生的な戦いをするのに対して悟空は合気や柔術のような動きをしていたのもさり気なくキャラの個性を出していると思います。


ということで、映画「ドラゴンボール超 BROLY」の感想でした。

  ひさびさに映画館にて映画を観ましたが、銀幕で見る映画は特別な音響もあり素晴らしいですね!


ご覧いただきありがとうございました。