松のデレマスブログ

乃々ちゃん、なつきち、志乃さんを応援しています。「ノーティギャルズ」も好きです。あと毎日更新します。

「未完成の歴史」後半戦開始!途中経過・感想です。

こんばんは。松です。



  デレステのイベント「未完成の歴史」の後半戦開始ですので、途中経過とコミュ感想を書きます。

  ハイスコアは118万ほど。Masterをフルコンボしたので、Master+に挑戦中です。
  とりあえずMaster+において520コンボ以上達成したので、理論上はMasterより高いスコアを稼げる状態にはありますが、まだまだフルコンボ目指して頑張ります。
  やり過ぎで少々聞き飽きてしまっているのが懸念材料ですが…

イベントコミュの感想です。

  二宮飛鳥ちゃんも北条加蓮ちゃんも藤原肇ちゃんも、「未完成の歴史」の歌詞通りの生き方をしていくようです!デレステゲームサイズは2番ベースなのに、コミュは1番・大サビ前を思わせるという知っている人にとってはニクい演出ですよ!
  飛鳥ちゃんは「孤独を飼いならしてゆく」だし、加蓮ちゃんは病気によるブランクから「この胸の時計の針 みんな同じじゃなくていい」だし、肇ちゃんは「歴史のようにかさなる」陶芸の精神を受け継いだとしています!



  報酬の加蓮ちゃん。肇ちゃんをメイクアップしようとするシーンです。加蓮ちゃんはもちろん、飛鳥ちゃんも乗り気なのが面白いです。

コミュタイトル名がカッコいいです!


  それぞれ「即興の三脚」、「未知なるぼやけ」、「明るい(カメラの)ボケ」、「対比を創り出すこと」、「幻灯のアルバム」、「未来のアイリスを見る」となっております。

  前半はコミュのストーリーになぞらえたカメラ関連のものとなっていますね。
また、後半の「iris」は解釈の余地があります。(本来この活用なら大文字になるはずだが)理想像という意味なら虹の女神イーリスが、綺麗なものという意味なら植物のアヤメが、「see」と合わせるなら瞳の虹彩と取ることができます。




ご覧いただきありがとうございました。