松のデレマスブログ

乃々ちゃん、なつきち、志乃さんを応援しています。「ノーティギャルズ」も好きです。

でれぽに柊志乃さん登場!あとアイドルの宣伝におけるツイッターとブログの有用性についてです。

こんにちは。松です。

昨晩のでれぽです!


  白ワインだけど画像加工して赤ワインに。さらに年長アイドルな柊志乃さんにはモノトーンも似合いますね。

そして、柊志乃さんをよろしくお願いします。

でれぽや漫画「After20」ではアイドルとの連携が、デレマスやデレステのセリフではPへのアプローチが見られる、両方で活躍できるアイドルですよ。

ツイッター・ブログについての感想です。

  壁紙メーカーの志乃さんポスターをツイッターに上げれば、同業である志乃さんPからのいいねやリツイートが来てくれます。もちろん嬉しいし、有り難い限りです。


↑自分のツイートです。あまりツイッターを活用する気は無いし、故にフォロー返しなどのツイッター儀礼(?)も面倒なのでそっとしといてください。


  しかしこれではエコーチェンバー、志乃さんPに志乃さんの宣伝をしているばかりで新しいPを発掘することは出来ません。なのでやはりこのブログで活動するつもりですよ。

  そもそもツイッターは全世界に開かれているといえど、人間あらゆる情報を全て把握するのは疲れます。
  Pだってそれは同じ。いろんなアイドルのPと触れ合う権利はあれどもそれをすれば情報に疲れ切ってしまうことでしょう。よってPは同担のPとばかり関わるようになってしまい、本来開かれているはずのツイッターのコミュニティは閉じたものとなる、そう考えられます。
あと、ツイッターのオススメユーザーなんかもフィルターバブルを進めて閉じたコミュニティを建設する原因だと思います。

  すると、ツイッターで宣伝しても仲間内で終わるのでは?と思われるのです。

フィルターバブル──インターネットが隠していること (ハヤカワ文庫NF)

フィルターバブル──インターネットが隠していること (ハヤカワ文庫NF)

↑この記事の書いた私の意思の根底にある本です。現代のネット社会に則した本ですよ。

  一方でブログは、ツイッターと比べ人も少なく発信力についてもツイッターと比べればSEOにやや強いくらいです。それでも、人が少ないだけアイドル同士のコミュニティではなく、アイマスファンのコミュニティという大きなくくりで活動出来ますよ。そこなら担当の異なるPと自然な形で触れ合うことができます。
  ブログを行なっているPも多くはないですし、潜在的なPをマイニングできるから私はブログで活動してるのです!


  とは言え、いい壁紙や志乃さんについての語りが思いついたなら、その場合は投稿するつもりですよ。


ご覧いただきありがとうございました。