松のデレマスブログ

乃々ちゃん、なつきち、志乃さんを応援しています。「ノーティギャルズ」も好きです。

CD「Nothing but You」感想です!

こんばんは。松です。

 

 

 

早速、本日5/23発売された、CD「Nothing  but You」の感想としますね!

f:id:k6jyx835sl:20180523220700j:image↑ジャケットです。改めて見ると、この衣装セクシーですね。ヘッドホンや幾何学的なデザインにしか目がいっていませんでした。

 

 

まずは収録のもくじから。

01「Nothing  but  You」

歌:アナスタシア、神谷奈緒、  中野有香前川みく、   星輝子

02「みなぎれ!ボボボンバー」 歌:日野茜

03「PROUST EFFECT」 歌:一ノ瀬志希

 

これらに加え、カラオケverとゲームサイズも収録されています!カッコいい表題曲に愉快な曲にミステリアスな曲、バラエティに富んだ収録です!

 

 

では感想です。

まずは表題曲「Nothing  but you」の感想から。

冷たく燃える意志を感じさせる、カッコいいメロディが特徴です。また、力強かったり凛々しかったりする歌声の中で、かわいい系の歌声を持つみくにゃんも印象に残りますよ!

奈緒ちゃんはこの曲の他にも、「Neo Beautiful  Pain」というサイバーな曲を歌っているので、恋愛についての歌詞も含めて相性バッチリですね!

 

 

 

お次は、茜ちゃんの「みなぎれ!ボボボンバー」です。

いきなりエクササイズでも始まるのかと言ったメロディです!これを聴きながらランニングでもしましょうか!?

歌詞には感嘆符あるコールやセリフがやたら多く、熱さに拍車をかけています!また、「力こそパワー」や「元気ハツラツ」と言ったどこかで聞いたことのある熱血(脳筋?)なフレーズも多いですよ!

総じて、とても楽しい曲です!

 

 

 

ラストは「PROUST EFFECT」です。

考察が必要、というか謎が謎を呼ぶような歌詞です。

退廃的ながらもどこか寂しげな曲調が特徴です。

歌詞は曲名からも分かるように残り香をキーフレーズとしています。また、しきにゃんの一曲目「秘密のトワレ」を想起させる所も多く、そこが気になります。

 

GPCRという難しい言葉が歌詞に出てきまして、生物学には明るくないものの調べた意味のメモを書いておきます。

GPCRとは、細胞にある、特定の物質に反応して細胞内に信号を送る受容体らしいです。

 

 

 

というわけで、CD「nothing  but you」でした。

この中だと茜ちゃんの「みなぎれ!ボボボンバー」が良い意味で目立っていて印象に残りますね。

「PROUST EFFECT」感想のテンションが低いのは、理解しきれてないため評価しづらいからです。感嘆符が似合う曲でもありませんし。

 

ご覧いただきありがとうございました。